サポート人員の成長とサポートプログラムの紹介

自動売買を成功させるにはどうすればいいの?

昨年まではユーザーの自助努力に任せていました。

それでは多くの方にお金の安心を届けることができない。

サポートを充実させられるようになってきました。

これからは集合知の時代
オートマチックトレード
松村博史

これからは集合知の時代

じつは15年前に掲げさせていただいたユーザーズグループの表題に書かせていただいています。
https://groups.google.com/g/autore-jp

当時開発専門で進めたかった当社は、利用方法のサポートはユーザーさん同士でできる仕組みを作りました。

そして社内にはサポート部隊を置かない方針を取っていたのです。

その頃は自動売買に興味を持つ方は、その道を切り開こうとする人たちでした。

その方たちは当社のサポートどころかマニュアルも全くない状態でも、なんとかツールを使い自分なりの自動売買を完成させておられました。

オートレを使って1000万円プレーヤーが誕生したのはそれから9年後のことでした。

ついにオートレから1000万円プレーヤー誕生!ひょっとすると青い鳥はいるのかもしれない

ただひたすら感謝です。

それから時は経ち、コロナ禍もあって自動売買に興味を持っていただく方々も急に増えました。

当社関連サービスもさまざまな方に使っていただけるようになってきました。

登録者数が多くなるにつれて自動売買の成功のさせ方に自信を失い、諦める人も多くなりました。

これではいけない。

私どものビジョンは投資の省力化でお金のことは安心できている人が多い世界の創出です。

自助努力で成功できる人たちを増やすだけではない、もう一段うえの夢があります。

ここで2つのサポート体制について紹介させてください。

ひとつめです。

私たちは2020年4月にサポート部隊を立ち上げ活動を始めました。

サポート部隊と言っても自動売買の成功方法なんて世の中にありません。

また部隊の人員も投資での成功経験はなく、自動売買を成功させたいと願っている人たち。

長けているのは知ったことを丁寧にお伝えすることができるということでした。

手探りで活動自体のブラッシュアップを重ねやってきました。

活動開始から1年8か月。

手前味噌ですが私は自信を持っていいものができたと言えます。

それは当社のオンラインサロンです。

サロン運営者と共にブラッシュアップを重ねてきた結果

参加者さんと一緒に自動売買で通用する取引ルール探しをしていく体制ができています。

ここで疑問に思った方がいるかもしれません。

優位な取引ルールや設定内容を教えてくれるわけではないのか?

そうです。

巷には年利○○パーセントと謳った自動売買の商品が販売されていますよね。

当社の戦略ショップでも販売しています。

果たしてその商品を買うだけでご自身の成功に結び付くのでしょうか?

私の考えは違います。

自動売買の取引ルールには聖杯は存在しない。

ならば相場の状況に応じて取引ルールを使い分ける術を身に付けるか、複数の取引ルールを組み合わせて相場に対応するか。

いずれにせよなんらかのスキル(習熟度)を身に付けてこそ自動売買は成功すると思っています。

購入した商品も、正しく使いわけないと目的は達成できないのです。

私は自動売買の取引ルールを作ることのできる人をプレーヤーと呼び

取引ルールの使いどころを判断できる人を監督と呼んでいます。

ということは私たちの提供しているプログラムは監督養成プログラムです。

そんなことのできるプログラムが今はたったの月額3800円(税別)

自動売買を成功させたい方、ぜひともに学んでまいりましょう。

https://ols.automatictrade.net

2つめです。

当社のサービスを利用される方にはご自身が裁量で行っているトレードを自動化したいという方が結構いらっしゃいます。

というか最初はそういう方がほとんどでした。

オートレでは裁量で行われている手法の多くは再現することができます。

しかしながらご利用者自身でその設定方法を見つけることができない。

そんな困りごとが有ったり。

そもそもオートレでは設定できないような取引ルールを設定したいという要望があります。

そんな時はTradingViewというチャートツールを使うと、さらにまた大概の取引ルールは再現できます。

但し、オートレより自由度は高いですがpineスクリプトというプログラム言語がわかる必要があります。

これはこれで困る。

こういった困りごとを解決できるサポート要員が育ってきました。

お客様のご要望を聞きオートレまたはTradingViewで設定(プログラミング)してお渡しする。

そんなサポートプログラムを提供いたします。

さらに担当者の前職でご高齢の方に複雑なことを説明していたということがわかり
オンライン個別サポートもしてみたところ、私の目から見ていても安心できるレベルになってきました。

そこでオンライン個別サポートもメニュー化いたします。

サポートの最高峰は
プレミアムサポートプラン
オートレ or TradingView or KENSHIRO-225導入から取引ルールを設定し実売買できるようにする。
またご自身で変更修正ができるようになるまで一通りのサポートをします。 

こちらは担当者が一人しか育っていないので、月に2名様までです。
担当者の業務負荷によっては減らす可能性もあります。

プレミアムサポートプランを受けられた方の例

60代男性 お昼間のお仕事をされています。
自動売買に興味はあって当社を尋ねてこられたことがある。
投資は長年やっていて移動平均などの知識やチャートを見ることには慣れられている。
パソコンの操作は苦手
もちろんTradingViewの操作はサポート前はほぼ何もできませんでした。

ご自身の集められた情報から、移動平均をつかった取引ルールで利益の出そうなものがあることを知らました。

私へのお話はこの取引ルールを自動売買したいというものでした。

サポート内容

取引ルールのヒアリング
Pineスクリプト作成
オンラインサポートにて
 TradingViewの導入(目的のチャートの表示の仕方、有料プランの購入)
 メールdeオーダーwith TradingViewの導入(戦略の作り方、証券会社との接続など)
 TradingViewとメールdeオーダーの接続

オンラインサポートは数回にわたり行われ、その度に受講者のスキルは上がっていきました。

11月に始まったサポートから2ヶ月が終わったころ、受講者さんからいいのが出来ましたと連絡がありました。

その戦略のバックテスト結果です。水色が損益グラフです。右肩上がり。

 実際にこのストラテジーで実売買をしてどのくらい収益があがるか試してみる価値はあると思います。

こんなことができるようになるプログラム。

プレミアムサポートプラン 6ヶ月33万円
お申し込みフォーム
https://forms.gle/VtJwqKQVnruhMnKy9

オートレ設定 or Pineスクリプト作成 55000円~
https://mdolp.autore.jp/menu.html

zoomサポート1時間5500円

提供できることが嬉しいです。

まとめ

サポートの体制が2つあります。

集団サポートのオンラインサロン

個別サポートの「名前がまだない」

オンラインサロンでは聖杯探しをやめその相場環境にあった取引ルールをみんなで探します。

個別サポートでは、お客様の要望に応じて柔軟な対応を提供いたします。

ほんとにお金のことは安心できてるという人を多数輩出したい。

オートマチックトレードはお金のことは安心したいあなたを応援いたします。

メールdeオーダー with TradingView
http://mdolp.autore.jp/with_TradingView
TradingViewまだ使ってないという方はこちらです。

活動歴10年の信用、老舗プラットフォームKENSHIRO-225連動システム
「シグナルdeオーダー for KENSHIRO-225」
https://www.reed-jp.com/
https://sdo4k.autore.jp/


.プログラム知識なしで利用できる自動売買システム
オートレシリーズ
http://www.autore.jp

プロの出すシグナルが取引注文に変換されるシステム
シグナルdeオーダー
http://sdo.autore.jp

サヤ取りの注文がワンクリックで「サヤトレ連動−オートレ発注」
https://investars.jp/

600人の叡智を集結、株価予測アルゴリズム販売ストア「QuantX」連動システム
「シグナルdeオーダー for QuantX
https://quantx.io/
https://sdo4q.autore.jp/

オートレ松村 について

オートマチックトレード株式会社 Automatictrade.Inc 機関投資家が行なっている自動売買も個人投資家も必要になる時代がくるとの思いから2006年自動売買関連システム専業のシステム開発会社を立ち上げる。 以来、個人投資家に自動売買サービスを提供する一方、証券会社のサービスの構築、証券会社とAPIを通じたコラボレーション、証券取引所から相談を受けたりなど、自動売買業界の先駆者として活動している。
カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中