実はすごい価値オートレのデモ取引

以前にも言われたことが有るのですが

気づいていない価値 デモ取引システム

またまた違う方に評価されましたのでご紹介します。

デモ取引を提供して15年
オートマチックトレード
松村博史

なぜデモ取引機能を提供しているのか。

それは自分が欲しかったから。

自動売買のルールが決まっていないときに自分のお金を使って試すのはできなかった。

だからデモ取引機能は必須でした。

本題から外れますが、なぜバックテスト機能を提供していないのか?

バックテストは信じられなかったから。

一時期当社でもバックテストを提供していた時があるのですよ。

ですが、バックテストの結果はほぼほぼその通りにはならないです。

なぜなら約定したかどうかはそのツールが独自に決めるしかないから。

市場取引(株や指標先物)であれば待ち行列は考慮できません。

相対取引(FXなど)であれば、業者の約定拒否などは考慮できません。

この点はデモ取引でも同じなのですが。

リアルタイムデモ取引では何が起こったのかを都度見直すことができるのです。

バックテストだと、売買タイミングをあまり考慮しなくなります。

結果がよかったかどうかにしか興味がなくなってしまうのです。

過去のチャートを引っ張り出してきて振り返るのも限界がありますしね。

ようやく本題。

最近なんどが紹介しているtwitterでのオートレユーザーさん

ももさんがブログでこういうことを書いてくれていました。

まさに私と同じ考え。

価値ある機能なのですよ。

デモ取引。

オートレのアカウントはいくつ作ってもらっても構いません。

gmailのエイリアス機能を使えば簡単にメールアドレスは使えます、

gmailのエイリアス機能がわからない方は検索してね。

さぁ、金融商品の売買はコンピュータにやらせましょうね。

メールdeオーダー with TradingView
http://mdolp.autore.jp/with_TradingView
TradingViewまだ使ってないという方はこちらです。
https://tradingview.go2cloud.org/SH4OB

活動歴10年の信用、老舗プラットフォームKENSHIRO-225連動システム
「シグナルdeオーダー for KENSHIRO-225」
https://www.reed-jp.com/
https://sdo4k.autore.jp/


.プログラム知識なしで利用できる自動売買システム
オートレシリーズ
http://www.autore.jp

メールが取引注文に変換されるシステム
メールdeオーダー
http://mdolp.autore.jp

プロの出すシグナルが取引注文に変換されるシステム
シグナルdeオーダー
http://sdo.autore.jp

サヤ取りの注文がワンクリックで「サヤトレ連動−オートレ発注」
https://investars.jp/

600人の叡智を集結、株価予測アルゴリズム販売ストア「QuantX」連動システム
「シグナルdeオーダー for QuantX
https://quantx.io/
https://sdo4q.autore.jp/

オートレ松村 について

オートマチックトレード株式会社 Automatictrade.Inc 機関投資家が行なっている自動売買も個人投資家も必要になる時代がくるとの思いから2006年自動売買関連システム専業のシステム開発会社を立ち上げる。 以来、個人投資家に自動売買サービスを提供する一方、証券会社のサービスの構築、証券会社とAPIを通じたコラボレーション、証券取引所から相談を受けたりなど、自動売買業界の先駆者として活動している。
カテゴリー: オートレ活用事例, システムトレードツール, 投資未経験者向け パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中